カテゴリー
オンラインカジノ

6号機はこれまでの台と比べるとメリットがたくさんあります

6号機は今までの台と比べた場合には悪くなってしまうのではないかと心配になっている人も多いかもしれません。

しかし6号機は規制緩和がなされていることから、メリットが多数あると言えるでしょう。

その1つに挙げられることとして、高純増AT機であるため、出玉スピードが速いことが挙げられます。

純増枚数の制限が6号機はなくなりました。つまり短時間でも多くの出玉を獲得しやすいということです。

これまでの台と比べると時間効率がかなり良くなることが予想されるでしょう。

そして仕事帰りのサラリーマンでも短時間勝負がしやすい点です。6号機は一度の初当たりで獲得できる最大枚数が2400枚に制限されているのです。

しかし純増枚数に制限は無いのが実情です。純増枚数が5枚だった場合には、480ゲームで消化できるのです。

時間効率が格段に上がっていることがわかります。ATの消化に時間がかかりにくいため、仕事帰りのサラリーマンでも比較的打ちやすいと言えるでしょう。

取りきれなくて残念な思いをすることが軽減されます。さらには天井が復活したことで期待値を積むことができます。

しかしデメリットがあるのも実情であり、最大獲得枚数が2400枚に制限されてしまう事は反対にデメリットに当たります。

せっかく当てても最大で2400枚しか出ない間はやや残念とも言えるでしょう。

そして最大で弾率が115%に下がってしまいます。これまでは出玉率が120%だったのですが、5%下がってしまうのです。これはスロットの根本的な部分であるためこれまで以上に出にくくなることも予想されます。